印面の周りが欠けてしまった印鑑

銀行印イメージ

銀行で口座を開設したり預金を窓口で引き出す際に必要となるのが銀行印です。
実は私は以前、何の知識も無かったので、認印と兼用していました。
ところが、使用頻度がより高く、しかも当時数百円で購入し、材質はプラスチックのようなものだった印鑑は、いつの間にか印面の周りが欠けてしまったりしていました。

そんな時、銀行印はお金に関わるし、何より印鑑そのものが自分自身を表しているから、欠けたものは良くないと言われました。
いわゆる験(げん)担ぎな訳ですが、そう言われたら、やはり気になるもの。
お金が貯まらないのはそれが理由か!?などと思いを巡らしたり・・・。
とにかく、壊れた物は修理するか変えなければなりませんから、はんこ屋さんへ。
そこで、認印と銀行印という区別があることを知りました。
結局、その時は、銀行印だけを新調することになり、注文しました。

今では、当然のように銀行印と認印は異なる物にしています。
どちらもハンコには変わりありませんし、一緒でも問題は通常はありません。

ページの先頭へ